Webデザインの本

Webデザインについて、デザイン技術や理論の勉強を進めていくと、今学んでいることは仕事上のどこのフローで必要とされるのだろうと考えることが多くなりました。実際に仕事に就いて体感しないとワークフローのイメージは掴めないことを承知の上で、全体像を掴むために本を買うことにしました。

自分の中で、内容が詳しく簡潔にまとめられていると感じた本なので紹介させていただきました。そして、重さが軽いです。持ち歩くのにも重さが気になることはなかったです。

Webデザインの本はたくさんあり、前提知識のレベルによって合う本や合わない本があると思うので、本屋さんに足を運んで、自分にあった本を探すのが良いと思います。エンジニアとして初めてプログラミングを学習し始めた時も、そうすることで勉強意欲の向上につながっていた実感がありました。

Webデザインを勉強している人にぜひ読んでいただき、わかりやすさを共感してほしい本です。